1  概  要

 からだの「しくみ」や「はたらき」を知ることは、病気の治療や予防につながるだけでなく、生命や自分自身のからだを知るきっかけにもなります。今この瞬間もたくさんの研究が行われ、新たな発見が続いています。本特別展では、からだの中を流れる血液とともに「旅」をして、さまざまな旅先(人体各部)で、その「しくみ」や「はたらき」を分かりやすく解説します。子どもから大人まで、「人体」について楽しく学び体験もできる展覧会です。

2  会  期

2019年3月16日(土)から6月2日(日) 

※休館日:毎週月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)と毎月第3金曜日、5月7日、8日

3  開館時間

午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

4  会  場

名古屋市科学館理工館地下2階イベントホール
名古屋市中区栄2-17-1(芸術と科学の杜・白川公園内)
TEL052-201-4486 FAX052-203-0788        http://www.ncsm.city.nagoya.jp/

5  料  金

当日 一般1200円、高大生700円、小中生500円
(前売りは各200円引き)

6  主  催

名古屋市科学館、中日新聞社、CBCテレビ、テレビ愛知

8  特別協力

名古屋大学大学院医学系研究科

9  協  力

国立科学博物館、川崎医科大学現代医学教育博物館、金沢大学資料館、名古屋大学教授 森健策、新潟大学教授 牛木辰男、奈良県立医科大学教授 酒井宏水、京都大学教授 江藤 浩之、東北大学教授 吉澤誠、名古屋市衛生研究所、名古屋市食品衛生検査所、下関市保健所、ファイン・バイオメディカル、テルモ、ボストン・サイエンティフィック ジャパン、ガデリウス・メディカル、タイムラプスビジョン、ゲティンゲグループ・ジャパン、富士フィルムメディカル、コヴィディエンジャパン、千寿製薬、日本ストライカー、ノボ ノルディスク ファーマ、バイエル薬品、マシモジャパン、エドワーズライフサイエンス、日本メドトロニック、アボットメディカルジャパン、ロコモ チャレンジ!推進協議会、岩崎模型製造、講談社、CBCラジオ、近畿日本鉄道 (敬称略、順不同)

10 後  援

愛知・岐阜・三重各県教育委員会、愛知県私学協会、愛知県子ども会連絡協議会、愛知県私立幼稚園連盟、名古屋青年会議所

11 展示内容

[1]  旅のはじまり 旅の仲間たちの紹介
    (白血球、赤血球、血小板の役割等)
[2]  からだの各所 各臓器と血液との関わり解説
    (肺、心臓、消化器官、筋肉、骨、感覚器官、脳、肝臓、すい臓、腎臓)
[3]  ブラっと広場 身体や血液に関する体験
    (心音、血行状態、酸素飽和度等)
[4]  旅 の お わ り   旅をふりかえり、全身をめぐる血液と血管の再確認
    (動脈と静脈、全身の血管等)

12 問い合わせ

名古屋市科学館 TEL052-201-4486

アクセス

地下鉄
地下鉄東山線・鶴舞線 「伏見」駅下車、4・5番出口 から南へ徒歩5分
市バス
市バス「広小路伏見」下車、南へ徒歩5分
時刻表・路線図: 名古屋市交通局(外部リンク)
名鉄バス
名鉄バス「白川公園前」
下車、北へ徒歩5分
時刻表・路線図: 名古屋鉄道(外部リンク)